【2018年】お月見くじの当選確率と販売期間・購入の吉日一覧

お月見くじ 確率 種類別「宝くじ」

「お月見くじ」の当選確率の情報を中心に、「当たりやすい日(吉日)」や「販売期間」など、必要な情報を1〜2分程度で読める記事にまとめました。

「西銀座チャンスセンター」の 1番7番窓口で宝くじが買える!

宝くじに当たりたいなら、ドリームウェイの代行購入がおすすめです!
  • 西銀座チャンスセンターで代行購入!
  • 大安吉日に購入!
  • 窓口も指定できる!
詳しく見る  
何が代行で買えるの?
年5回のジャンボ宝くじを代行して購入&郵送します。 全て、日本一の売り場として有名な西銀座チャンスセンターで購入していますよ!
本当に西銀座チャンスセンターで買ってるの?
日付&窓口を記載した領収書を発行し、コピーとくじを合わせて郵送しますのでご安心ください!
買う日も決めれるの?
大安吉日等を指定できる項目があります。連番やバラ等の指定もしてくださいね!
西銀座チャンスセンターの1番窓口で買ってほしい!
注文フォームで指定可能です。
詳しく見る

「お月見くじ」とは?

お月見くじって何?

 2018年から新登場するくじです!

 

「お月見くじ」は2018年の秋より新登場するくじ。1等前後賞を合わせると、8,000万円もの高額当選があり、ジャンボほどではないにせよ、高い当選金が期待できるくじです。

また「お月見くじ」というネーミングにちなみ、十五夜賞と呼ばれる特別賞が各地域ブロック別に設定。

例えば関東・中部・東北地区では10万円が700本と、多くの本数が用意されています。

 

「お月見くじ」の当選確率

「お月見くじ」の当選確率はどれぐらい?

 

各ブロックで違いがあります!

「お月見くじ」の当選本数と、その確率を一覧表にするとこんな感じになっています↓

「お月見くじ」(第2401回 東京都宝くじ)

等級(当選金) 本数 当選する確率
1等(6,000万円) 1本 1/2,500,000
1等の前後賞(1,000万円) 2本 1/1,250,000
1等の組違い賞(10万円) 24本 約1/104,167
2等(20万円) 75本 約1/33,333
3等(2000円) 25,000本 1/100
4等(200円) 250,000本 1/10
十五夜賞(10万円) 250本 1/10,000

全部で250万枚販売されます。当選本数と販売枚数をベースの確率を算出すると上記の表のとおりです。

「お月見くじ」(第2463回 関東・中部・東北自治宝くじ)

等級(当選金) 本数 当選する確率
1等(6,000万円) 2本 1/3,500,000
1等の前後賞(1,000万円) 4本 1/1,750,000
1等の組違い賞(10万円) 138本 約1/50,725
2等(20万円) 210本 約1/33,333
3等(2000円) 70,000本 1/100
4等(200円) 700,000本 1/10
十五夜賞(10万円) 700本 1/10,000

全部で700万枚販売されます。当選本数と販売枚数をベースの確率を算出すると上記の表のとおりです。

「お月見くじ」(第2581回 近畿宝くじ)

等級(当選金) 本数 当選する確率
1等(6,000万円) 1本 1/2,500,000
1等の前後賞(1,000万円) 2本 1/1,250,000
1等の組違い賞(10万円) 24本 約1/104,167
2等(20万円) 75本 約1/33,333
3等(2000円) 25,000本 1/100
4等(200円) 250,000本 1/10
十五夜賞(10万円) 250本 1/10,000

全部で250万枚販売されます。当選本数と販売枚数をベースの確率を算出すると上記の表のとおりです。

「お月見くじ」(第2271回 西日本宝くじ)

等級(当選金) 本数 当選する確率
1等(4000万円) 1本 1/3,000,000
1等の前後賞(500万円) 2本 1/1,500,000
1等の組違い賞(10万円) 29本 約1/103,448
2等(30万円) 90本 約1/33,333
3等(25,000円) 1200本 1/2,500
4等(200円) 300,000本 1/10
十五夜賞(7,000円) 12,000本 1/250

全部で300万枚販売されます。当選本数と販売枚数をベースの確率を算出すると上記の表のとおりです。

スポンサーリンク

 

「お月見くじ」ブロック別の確率の違いと特徴

「東京」「近畿」「関東・中部・東北」「西日本」の4つのブロックに分かれている「お月見くじ」それぞれの表を見比べてみると、販売本数や特徴に違いがあります。

  • 「東京」「近畿」ブロックは販売本数と当選確率ともに同じ。
  • 1等の当選金額は「東京」「近畿」「関東・中部・東北」が同じ6,000万円。だけど、「東京」「近畿」が250万分の1に対して、「関東・中部・東北」は350万分の1と確率が悪い。その分、1等前後賞、組違い賞の確率は上がる。
  • 「西日本」は1等の当選金は4,000万円と「東京」「近畿」「関東・中部・東北」に比べて低い。(その分、確率はやや高い)。また十五夜賞も他の10万円と比べて7,000円と安め。その変わり、確率は250分の1と高めに設定されている。

「お月見くじ」の1等当選確率はブロックによって違いがありますが、250万分の1〜350万分の1です。

当たる確率が一番高い!初心者向け「宝くじ」の種類ランキング」で紹介しているとおり、ジャンボくじの当選確率は1,000万分の1ですので、ジャンボよりは当たりやすい確率に。

BIG ビッグの当選確率は480万分の1で1等3億円で、「お月見くじ」は250万分の1〜350万分の1の当選確率で最高6,000万円。 この辺りの数字が比較材料にできますね。

 

「お月見くじ」の発売時期

「お月見くじ」はいつからいつまで売ってるの?

全ブロック共通の発売期間です!

発売期間 2018年 9月19日 水曜日~10月2日 火曜日
※ ただし、最終日前に売り切れたら終了
発売価格 1枚200円
スポンサーリンク

 

「お月見くじ」を買うのにおすすめの日!

なるべく当たりやすい日に買いたいです!

販売期間のおすすめの日をまとめますね。

大安 9月19日(水)・9月25日(火)・10月1日(月)
一粒万倍日 9月20日(木)・9月25日(火)・10月2日(火)
寅の日 9月19日(月)・10月1日(月)

「金運の日」とも呼ばれる寅の日と大安が重なるのが9月19日(水)と10月1日の(月)の2日間。

宝くじを買うのにいい日と言われる「一粒万倍日」と大安が重なる日が9月25日(火)となっています。

  • 9月19日(水):寅の日+大安
  • 9月25日(火):一粒万倍日+大安
  • 10月1日の(月):寅の日+大安

ということで、この3日間が「お月見くじ」を買うのにおすすめの日です。

ちなみに、「一粒万倍日」やさらにレアな日「天赦日」の詳しい情報は次の記事も参考にしてみて下さい↓

▶関連:宝くじを買うと当たる日?天赦日・一粒万倍日の意味を徹底解説