【初心者向け】宝くじの期待値とは何?種類別ランキング 

宝くじ 期待値とは 宝くじのトピック

宝くじやギャンブルの中でたびたび登場する「期待値」について。正しい理解をしていますか?

他の公営競技と比較しながら、その意味を解説していきます。

「西銀座チャンスセンター」の 1番7番窓口で宝くじが買える!

宝くじに当たりたいなら、ドリームウェイの代行購入がおすすめです!
  • 西銀座チャンスセンターで代行購入!
  • 大安吉日に購入!
  • 窓口も指定できる!
詳しく見る  
何が代行で買えるの?
年5回のジャンボ宝くじを代行して購入&郵送します。 全て、日本一の売り場として有名な西銀座チャンスセンターで購入していますよ!
本当に西銀座チャンスセンターで買ってるの?
日付&窓口を記載した領収書を発行し、コピーとくじを合わせて郵送しますのでご安心ください!
買う日も決めれるの?
大安吉日等を指定できる項目があります。連番やバラ等の指定もしてくださいね!
西銀座チャンスセンターの1番窓口で買ってほしい!
注文フォームで指定可能です。
詳しく見る

そもそも期待値とは?

宝くじの期待値って何?

払戻率と考えると分かりやすいです!

期待値とは、確率統計学、投資、ギャンブルと色々な場面で登場する言葉です。

 

宝くじをギャンブルとして見た時に還元率とは、払い戻される割合の「払戻率」を指します。

宝くじの払戻率は国の発表で「45.7%」で公表されています。

例えば宝くじを10枚3,000円買ったとしたら、1,371円は戻ってくる(払い戻される)だろう!という数値です。

 

他のギャンブルと宝くじの還元率を比較!

競馬やパチンコと比べて宝くじの還元率はどれぐらい?

一覧表で紹介します。

公営競技の払戻率は、総務省からデータが発表されています。

▶関連:宝くじ・公営競技・サッカーくじの実効還元率

 

また、パチンコやスロットの還元率については明確なデータは出ていませんが(店舗によって差があるため)、おおよそ80%程度と言われています。

これらのデータをもとに一覧表にするとこんな感じに↓

種類 払戻率(還元率)
宝くじ 45.7%
競艇 74.8%
競輪 75.0%
オートレース 74.8%
競馬 74.1%
パチンコやスロット 約80%

こうして見ると、宝くじの払戻率はかなり悪いように見えます。

ですが、ここで注意しないといけないのは払戻率は1回の場合のケースだという事。

例えば、メジャーな公営競技でもある競馬の払戻率は、レース1回だけ参加の場合だと74.1%です。

ここで、レースに3回参加した場合。払戻率の「74.1%」が3回続くので、74.1%×74.1%×74.1%=40.6%という計算になります。

これを宝くじと比較してみると競馬3レース(40.6%) < 宝くじ1回購入(45.7%)となり、宝くじの還元率の方がいい!という結果に。

ちなみに、一見すると還元率が高く見えるパチコンやスロットの場合。1回どころか、何十回何百回とゲーム回数をこなす事になるので、実際のところは「割は良くない」という事になりますね。

スポンサーリンク

 

宝くじの種類別・期待値ランキング

宝くじの中で還元率がいいのはどれ?

ランキング形式で紹介します!

宝くじには、年に5回販売があるジャンボくじをはじめ、数字を選ぶナンバーズや、ミニロト等の種類があります。

 

これらの販売本数と金額を計算し、期待値が高い順番に並べるとこんな感じになります↓

  • 1位:ナンバーズ4(45.4%)
  • 2位:ナンバーズ3(45.2%)
  • 3位:ジャンボ(44.8%)
  • 4位:ミニロト(44.8%)
  • 5位:ロト7(44.1%)
  • 6位:ロト6(43.4%)

ちなみに、キャリーオーバーが発生した場合(発生するくじ)については、単純に金額が増える分、期待値も大きくなります。

また、宝くじは種類によって「当たる確率」に差があるので、当たりやすいくじと当たりにくいくじが存在しています。

当たる確率が一番高い!初心者向け「宝くじ」の種類ランキング

▶関連:当たる確率が一番高い!初心者向け「宝くじ」の種類ランキング